今年の発券について考える

冬の長旅の旅行記が全く書けていません。

あのあと、SIN-HKG-LHRと乗り継ぎ、MADから日本へ帰ってきました。

 

CXが快適なのは言わずもがなですが、最も印象的だったのは、欧州内で登場したBritish Airwaysでした。どこかの日系えあらいんのように上級会員だからとふんぞり返る変な客はおらず、登場も淡々と進み、機内でも静かの一言。しかも、BA、安全性に関しても安心できます。降機もスムーズ。当たり前のことがあたり前に進むという快適さ。

 

Marks&Spencerの有料機内食には賛否両論ありますが、快適でした。

 

しかも、マイレージプログラムのExecutive ClubはPechedenfer先生の記事をいろいろ研究して、改悪方向ですがまだまだ楽しむ余地があると判断しています。

 

pechedenfer.hatenablog.com

 

OneWorld Emeraldに安価になれるというのは大きな魅力です。

しかも日常の登場にプラスアルファするだけで。

Japan Airlines(JL)は確かにサファイアまでは恐ろしく簡単に到達できますが、その先、JGC PremierやDiamondを目指そうとするとJLの場合、途端にハードルが上がります。

特典航空券PLUSというしょうもない制度を始めたり、うんざりしているのでこれ以上登場する気が失せています。また、Domestic First Classは確かにいいですが、エメラルドとして登場するならBAでも全然ありです。

 

そこで、今年は日本国内プラス欧州内はBritish Airwaysで。それ以外の東南アジア、欧州・北米はCXで、と使い分けることにしました。

台湾へは定期的に行きたいので、China Airlines(CI)にはお世話になるつもりです。

 

そうするための発見戦略は、はてなブログのKUL-OKA修行気をみていては気が付きません。

年末に眺めていた、The economistに興味深い記事がありました。

www.economist.com

Long-haulの運賃下落です。routeごとに下落率がグラフで表示されています。キャリアの競争激化に伴い、long-haulでの路線下落が顕著です。

いいチケットを研究するにはやはり、日本語という言語では明らかに情報が不足します。

こういった記事から今年の発券戦略を立てていきたいと思います。

 

CX739 HKG-SIN Business

冬の旅路の長い長い始まり。

実はその前にTPE発見したTPE-HKGがありましたが、寝ていただけなので、省略します。

まずは、The Pierへ。フードはもう飽きたので、JINSのJasmine Teaをいただく。

f:id:cx251green:20181205230557j:plain

 

この後、Businessで食べるのでセーブします。ただでさえ、飛行機旅は太るし、運動不足になり、いいことがないので。

いつもの33Pです。

f:id:cx251green:20181205230716j:plain

 

登場するなり、いきなりISMのご挨拶。

JLのような三つ指ついたような気持ち悪い挨拶ではないので、気持ちが楽です。

ぼんやりしていたら離陸。

f:id:cx251green:20181205230831j:plain

 

ナッツとドリンクが配給されます。

Teppei101さんのブログにあるいわゆるあたりフライト。グラスがなくなるとすぐに、なみなみと注いでくれます。

いい感じで酔ってきます。

なくなるとまた、すかさずついでくれます。ますますいい感じ。

メインはこんな感じです。

f:id:cx251green:20181205231227j:plain

 

チーズ・フルーツ、アイスステージとステージを進んでいきます。

f:id:cx251green:20181205231445j:plain

 

f:id:cx251green:20181205231511j:plain

 

Marco Polo Club会員が少なかったのでしょう。

やたらと、ISMにマークされて、えこひいきしてもらった、あたりフライトでした。

f:id:cx251green:20181205231652j:plain

 

Marco Polo Club Goldへ

まだ、何一つ旅行記を書いていませんが、先日の旅でなんとか、Marco Polo Club Goldまでたどり着きました。600pt超えてから、1週間後、Nicolas Masseからの手紙とともに。

 

コンテンポラリーで飽きの来ないデザインです。日系も見習ってほしい。

f:id:cx251green:20181205000305j:image

 

 

他社便搭乗時は所詮、OneWorld Sapphire程度ですが、自社会員優遇のCathay Pacificでは、扱いが変わるようです。

 

いつも拝見している、ci173weekenderさまのブログでも、満席時のうpの確率が高いようです。

 

https://www.ci173weekender.com/entry/2016/10/04/180000

 

ただし、年末の忙しさで搭乗は先になりそう。

アプリ上はしっかり、Goldです。

 

JLダイヤやにっぺりダイヤなど、どうでもいいです。いつも、意味をなさない優先登場や芋洗いのラウンジ、ぷらいおりてぃが延々と続く手荷物返却。もう、ウンザリです。客層もイマイチな客ばかりだし。

Sit back and relax. やはり、CXへの登場が一番落ち着きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

冬のながい旅路

これからクリスマス休暇前の駆け込みでながい旅にでます。もともとは去年かっていた、欧州発見の復路の期限が来てしまうのが発端です。

 

今回の旅は今までで最高のグルグル。

JPN-TPE-HKG-SIN-HKG-LHR-BUD-MAD-BCN-HKG-PEK-JPN

CX6本、BA1本、IB2本、さらには、みんなだいすきNHも絡めた旅程。複雑すぎて、TPEではスルーチェックインをことわられました。

 

果たして無事に帰ってこれるのか、できる限り、記事にしていきます。

JL33 HND-BKK Economy

BKK痛勤の一コマです。

 

この日もやってきましたHND。さっさと出国して、芋洗いラウンジへ。

シャワーを浴びる。近所のNHラウンジでは9時を過ぎたあたりからシャワー待ちの大行列ができるとのことですが、JLの方はさほどでもないようです。

 

まあ、あんだけ深夜枠をかっさらい、かつ、提携パートナーもLH,TG,SQなどがガンガン飛ばしてますから、にっぺりラウンジの混雑は必至。世の常です。

常々、飛行機に乗ってもいないのにマイルがたまるという仕組みに非常に疑問を抱いていたから、にっぺりとは距離を置いています。

ついにJLもそうなるかと思うと感慨ひとしおです。しかし、今からにっぺりなど乗る気も起こらないので、このままOWメインで飛びます。

 

カレーはお味見程度。

ぼんやり過ごす。カレーをメインにインスタ投稿する女子の隣。カレーでそんなにいいねがもらえるものなのでしょうか。Instagramをしていないので全くわかりません。

 

そうこうしていると登場。席はもともと真ん中でしたが、なんとか窓側に変えてもらいました。本当は通路側が良かったなど文句は言ってはいけません。

 

隣は初老のJJJI。これが、CXなら横にオージーやイングリッシュの巨艦が来ることがある。その瞬間に席がブロックされ終わる。ただ、日本人の日本人による日本人のためのえあらいん、JL。通路には出られるようでホッとする。

 

IFEではMission Impossible: Falloutを鑑賞。

 

www.youtube.com

 

していたら、もう、深夜3時。

 

うとうとしていたら、breakfastのお時間。やはり早いよ。

食べきれず、ヨーグルトのみいただく。

これから、タイを満喫するはずの隣のOJJIはきっちり完食してました。

デジカメにメニューを収めながら。

 

ただ、相変わらず、タイベースのクルーは日式に毒されていて、全く気の毒。

前の記事にした、CX750のISMがタイで非常に爽やかなサービスだったのに。

全く日式はサービスが肩が凝って仕方ありません。

 

CX750 BKK-HKG Business

朝のBKK Suvarnabhumi Aiportにやってきました。

 

まずは、いんすぴれーしょん おぶ じゃぱんこと、日本の厳かな霊感を見学。

f:id:cx251green:20181108215101j:image

 

f:id:cx251green:20181108215054j:image

 

それを見届けてからご搭乗です。 

f:id:cx251green:20181108215111j:image

 

BKK線は新しい77Wでした。

f:id:cx251green:20181108215105j:image

 

機内食はワンプレート形式。Prawnを選択。

f:id:cx251green:20181108215115j:image

 

アイス食べて終了。

f:id:cx251green:20181108215058j:image

 

CX506 HKG-KIX Business A350-1000

時々、彼がHND/NRTではなくKIXに飛来していることは知っていた。

HKG-IADでの華々しいデビューを飾る少し前から、ちょくちょく慣らし運転できていたし、その後も間合い運用でmid haulのKIXに投入されていた。

 

いつもタイミング悪く、逃していたけれども、今回、たまたま登場する機会に恵まれました。しこたま貯めたAsia Milesを放出して。

それにしても、自社会員優遇がすごいですね。出発10時間前でCXのビジネスが特典予約できるとは。みんなだいすき、JLやNHでは絶対にできない荒技だと思います。

 

改悪、改悪と叫ばれていますが、マイルは使えてなんぼのもの。そういう意味では、cxbadiaさまのいっている通り、アジア最強のマイレージプログラムではないかと思う。

 

blog.goo.ne.jp

 

もちろん、貴公子はHKIAのベストゲート(だと勝手に思っている)65番ゲートに鎮座していました。

f:id:cx251green:20181027002019j:plain

正面からはA350-1000とA350-900は見分けがつきません。

 

椅子のスペックも違いはわかりませんでした。ただし、機体が大きい分、一人当たりのスペースはゆったりしていると感じます。

やはり、新車はいいものです。これに乗ってしまうと、もはや333Zなど乗れません。

f:id:cx251green:20181027002452j:plain

 

その日のビジネスは阪急trapicsのビジネスクラスで行く香港ツァー御一行様。

別に金と時間のあるJJJIとJBBAのかたですからいいのでしょうが、香港くらい自分で航空券を予約して、Google Map片手に街歩きを楽しむといったこともできないのものでしょうか。

わざわざ、香港に添乗員やガイドと一緒に行かなければいけないほどのところではないと思うのですが。。

 

そうこうしていたら、push back。前日の睡眠不足を引きずっていたのでtagを見ながら、うとうとしていたら、take offの瞬間は寝落ちしていました。

ペリエをもらい、starter。

f:id:cx251green:20181027002842j:plain

 

plum sobaはなんとかならんものでしょうか。全く美味しくないです。

エビとタコとホタテですがマヨネーズで食べると美味しさが激減します。

 

メインはステーキにしました。これでCX450でインボラされた際の雪辱を晴らしました。(そういえばその時も、trapicsの香港ツァー客でした)

 

f:id:cx251green:20181027003030j:plain

 

チーズ・フルーツ・アイスとステージを進むごとにお腹ももういっぱいです。

f:id:cx251green:20181027003109j:plain

f:id:cx251green:20181027003131j:plain

 

ご飯を食べたらもう鹿児島上空でした。慌ててフルフラットにしてしばし、お昼寝します。うとうとと気持ちがいい。もっとゴロゴロしていたい。

 

でもそんな時に限って、偏西風にうまく乗ってしまいました。IFEでマップを見ると、到着予定時刻は30分の早着。

人生そんなもんでしょう。

 

相変わらず、動線の悪いKIX。いつものように、CX3機横並びです。

そこで、神々しく光る黒いバゲージタグを見つけました。

 

チラチラ見てみると、会員番号が100から始まっています。

邸永漢先生ばりのマジものダイヤモンド会員の方もご登場でした。